とんちゃんの日記(イタリア生活とか)

アクセスカウンタ

zoom RSS いやな気分・・・

<<   作成日時 : 2015/02/05 02:58   >>

トラックバック 0 / コメント 2

今月はポリ夫の出張が3回、もしかしたら4回か・・・帰省は難しそうなので遊ばなくっちゃ!
(しょっぱなアメリカ出張はシカゴから乗継便が飛ばず、1泊してとんぼ返り・・・)


娘は最近はごっこ遊び(アンパンマン)に夢中。
気分はすっかりキャンドルちゃん(たまにメロンパンナ)、私はロールパンナ(時々ブラックロールパンナ)役をやっております・・・。そしてなんと、ポリ夫はかまめしどんからアンパンマンに昇格!


高い場所があるとよじ登り一曲歌わないと帰ってくれない(声がでかい)。
画像
(ようかい体操第一)


先日、いつものステージ(近所のオフィスの外階段)で張り切っていたところ、おじさん(もしかして偉い人?)に「うちの(会社の)魚みるかい?」と声をかけてもらい、受付嬢に平謝りしながらおばさん+2歳児で場違いなオフィスに入場してきました。デカい魚やエイや亀や蛙までいて面白かったー。
画像
(けっこう本格的)


あ、あと、久々にらくがき帳をみたら、顔が描けるようになっていました。しみじみ。
画像
(見えるかしら・・・こわいけど・・・)



前置きが長くなっちゃった。

さて以下はちょっと嫌な話。

家から徒歩2分の小さな公園。場所がら勤め人など大人の休憩所になってることが多く、子供の数がいい感じに少なくて穴場なんだけど。

節分の日は隣のお寺で豆まきをやるので、去年同様いやそれ以上に普段見ないママ軍団でいっぱいでした(私も豆目当てだけどさ・・・)。
親子10組くらいいたかな。ママチャリに子供を乗せて(+幼い弟妹は抱っこ紐)。


ママが群れると声でかいしワガモノ顔だしコワイし、人の子はもちろん自分の子のことも見ていない。

後ろにいるうちの娘に背中のリュックが当たるなんてこれっぽっちも考えていない。

いざ豆やお菓子やぽち袋が飛んできたら

上しかみてないばあちゃんが倒れかかってくるし。


・・・結局、離れたところで地面に落ちた豆の袋など拾ってお開き。


んで、その後。


ママ軍団は子供達を公園で遊ばせ(放牧)、ずらりと止めたチャリンコの周りでおしゃべり&戦利品の確認。

うちの娘は少し年上の子が大好きなので、はしゃぎながら3歳くらいのお姉ちゃん2人(fromママ軍団の子)がいるすべり台へ。
一人はたまに行く児童館で見る子で、お洒落して髪をひっつめ結んでるんだが残念ながら顔がこん平師匠。(知らない子はおばバカスイッチが入らないので客観モード)


娘がすべり台の飛び石(になっている階段)をのぼっていると

こん平ともう一人が

「すべっちゃダメ〜!」と何度か順番抜かし。

追い越されながらも娘は

「ダメじゃないでしょーっ!もう!おこらないで!」

となんとかのぼっている。


ああ、一緒に遊びたいのに、カワイソ。


と思いながら見ていたが、あまりに何度も追い越して滑っていくので


「みんなのすべり台だよ〜、順番守って〜、あぶないから一回すべるの待ってくれるかな〜」


なんて私が言うそばから「だめ!」と追い越す。


なんか、ムカつく。子供相手なんだけど、ムカつくわ。


で、踊り場で立ち往生する娘。


あ、あぶないな、と思った瞬間。

勢いよく登ってきたこん平に押された格好で、

後ろに落ちた。1メートルちょっとの高さ。


一瞬血の気がひいた。

すぐ泣いて(多分痛いのと悔しいのと)、頭は打っていなかったし(足か腰から)、まだ遊びたいと走り高速尻ふりを披露していたから、大丈夫だろうと思ったけれど。

本当にヒヤッとした。

こん平に注意して(半泣き)ママ軍団を振り返ったら、戦利品にきゃーきゃー、おしゃべりに夢中で誰も気づいちゃいない。


ムカムカ。


娘の様子を見ているうちに、こん平は母親のほうへフェードアウト、しばらくしてママ軍団も去って行った・・・。

あの時すぐにママ軍団の所に行き「自分の子はちゃんと見てて、注意して」って言えば良かったかなぁ。

大したことないから?いやママ軍団に怖気づいただけじゃないの?

などとウジウジ帰宅して、念のため先生に診てもらった。
(娘爆睡してたし大丈夫だろうと触診だけ)


夕方、すぐ近くの神社の豆まきへ(←懲りてない)

子供にお菓子が配られるし、町会費払ってるし。


したらば、


またもや!


若干メンバーチェンジしたママ軍団リターンズ!
(こん平親子は不参加)

あちこち豆拾い行脚してるのね。そんなに欲しいのか豆が。
(おまえもなーと言われそう)


路肩にズラリとママチャリを並べて大人しいうちのご近所さんを追いやってセンターポジションキープ。

ちゃっかりお菓子をもらって帰ってましたとさ。

去年までは見なかった人たち。町会の人じゃないよね絶対。


はぁー。


今年の節分はムカムカ、ハラハラ、ウジウジ、イライラ。良くないね。

私がドヨーンとしてると娘が「だいじょうぶよ、おかーさん」といってきた。泣けてくる。





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いやーん。軍団になったら敵なしですよね・・ママチャリ暴走族だ・・
そんなグループの仲間に入りたくないし、危害を加えられたくない時は遠くから距離を取るしかなさそう・・でも幼稚園とか小学校とか通いだしたらどうなるのかしら・・環境を選ぶってって大切ですね。(ほほほ・・筑豊出身が言うことじゃないか知らん?)

こっちでは集団の暴走族みたいなママ軍団はいませんが、軽ーく人種差別で仲間はずれにはされそうです・・
ぶく
2015/02/06 22:54
☆ぶくさま
むかし渋谷の居酒屋で客のオッサンが同僚に「筑豊ってところがあってね」と、川沿い女の恐さについて語っていたのを思いだしました。全国区!?
筑豊女ナメンナヨ。

ほんと、ママの群れには近づかないが鉄則なんですが…空気を読めない女が1名…グイグイいきます。

でも彼女なりにショックを受けてるようで出張から戻った夫や、近所のママさん、今日公園で遊んだ孫連れ爺ちゃんなどに「お姉ちゃんがダメって怒ったなんだ〜はしって押したなんだ〜もう」と口とんがらせてます。
とん
2015/02/07 03:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
いやな気分・・・ とんちゃんの日記(イタリア生活とか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる