とんちゃんの日記(イタリア生活とか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 夜のトモ、と誕生日パーティ

<<   作成日時 : 2008/04/08 20:02   >>

トラックバック 0 / コメント 5

週末、PERUGIAのMちゃん&S氏のお誕生日パーティに行ってきた。


出がけにお隣セルジオ妻から足のサイズを聞かれる。
人からもらった靴が小さいというので試しに履いてみると、ぴったり!
シンデレラ気分で新品靴をゲット。わーい!

画像



・・・んで、2時間弱のドライブでPERUGIAに到着。

イタリア人の誕生日パーティつったら、お隣セルジオ夫妻と4人でお食事・・・しか知らなかった私達。クラブを借りての盛大なパーティにびっくり!

画像
(掲載許可もらいました:和装でノリノリのMちゃん&S氏)



不思議な楽器達を使ったスピリチュアルな感じの演奏あり。
(クラブと聞いて踊る気マンマンのポリ夫には気の毒ですが・・・)

画像



ゲームあり。

画像


画像


たくさんの人が集まって皆で楽しんで。
2人の人柄と同じであったかくて素敵なパーティでした。


---

さて、いよいよ寝床で読む本が無くなってきた。
雑誌や小説をふにゃふにゃしながら眠りにつくのが一番の楽しみなのに・・・。

寝床本には、こだわりたい。
難しすぎ・興味無さ過ぎ・文章硬すぎ・・・はダメ。
新聞の情報欄なんか良いけど、かさばるしウルサイし。

本棚の未読本(借りた本や赴任の先輩から譲り受けた本)から、ちょうど良い夜のお供を探す日々。

■メディチ家のパトロンについての本
(面白いが寝ながら読む本じゃなかった)

■母がポリ夫用に持ってきた藤沢周平などの時代物
(ポリ夫が捕物帳好きと根拠無く思い込んでいる我が母)

■ポリ夫本。ウェブ〜とか投資〜とかライフプランとか。
(3色ボールペン多用)

ポリ夫本の中にたまにヒット(「生物と無生物のあいだ」「記憶力を強くする」etc)が見つかるくらいで。どれもいまいちピンとこない。

最近は「ブログに書かないでよ〜っ?」が口癖のポリ夫。
(URL知らないのでこのブログは見てないらしいが)

そんな彼の「男の品格」本を発見(ぷぷぷ)。

ポリ夫本に関しては、内容に興味が無い場合は、彼が大事なポイント(?)に残した3色ボールペンを後から追うという楽しみ方がある。例に漏れず「男の品格」にもしるしは残っていた(!)。

赤で傍線がひいてあったり<>で囲んであったり。なかなか興味深い。
「写経」の文字が丸でグルグルと囲まれている。緑のペンだ。意味深だ。


・・・苦し紛れに選んだ最近のお供。



見るからに怪しいこのシリーズ↓↓↓


画像


ポリ夫はどんどん読み進み、首領(ドン)気分を味わったりしているようだが、私は本棚に戻そうか悩み中。

枕元でこの本が視界に入るとドキっとする。
穏やかじゃないっす。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
最後の、「首領」シリーズ。

いつごろお買い求めになったのかって点に
興味津々・・。

「黒幕」の表紙、いい表情!!
「錬金術師」の極意がわかったら
おしえてください。
ほっしー
2008/04/09 01:51
靴が合うって、なんだかすごく嬉しくなりません?
須賀敦子さんの『ユルスナールの靴』を読んで以来、「かかとまでぴったり合う靴」が
精神的にもとても重要なものとなり。
日本には、写真のようなつま先がかんっとした靴がなくて(弘前が田舎だからという噂もあるが)、
とんさが見せてくださるものはどれもわたしが欲しいものにかなり近くて、よだれが…。
Gramine2003
2008/04/09 02:33
☆ほっしーさま
最後のおだやかじゃない本達は、先輩赴任オジサマが残していったものです・・・。
特に表紙が怖い「黒幕」から読み始めたんだけど、なかなか進まねぇ〜。枕の隣にあると怖いし。
母親に頼んだ宅急便が届くのが待ち遠しい。

☆Gramine2003さま
左と右で足のサイズ(長さも)違うので、家に帰って左足で試したらキッツキツでした・・・。
弘前・・・と言わず日本は全国どこにでも同じ商品・サービスが並ぶところが良い点と思ってたけど。そうでもないのでしょうか。
イタリアの石畳で履いたら一発でダメになりそうな靴ですね。
とんぷーちん
2008/04/09 03:10
ポリ夫さんネタ最高!毎日暇だ暇だといってるけど、身近なところにネタ満載じゃないですかあ〜。私も昨日日本語の本たくさんもらった。が!あれ?どっか置いて来ちゃった!?ない…やべ。
しぽっく
2008/04/09 11:38
☆しぽっくさま
彼の天然に救われつつ、でもリアルポリ夫はせっかちでイラつき頑固なとこあるから、ケンカもしょっちゅうよ。
ネットやDVDがあっても、「日本語の本」ってやっぱり必要じゃない?
つか、なくさないで〜。
とんぷーちん
2008/04/09 18:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
夜のトモ、と誕生日パーティ とんちゃんの日記(イタリア生活とか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる