とんちゃんの日記(イタリア生活とか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 眠れない日本

<<   作成日時 : 2008/02/05 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

はるばる一時帰国いたしました!
よりによって大雪の日に・・・。

体内時計が狂いまくって、眠れない。

まぁ飛行機で一睡も出来ないのはお約束だけど。
この2日半で合計5時間も寝てない。身体がギシギシ。

ボーっとした頭でイタリア大使館へ。
大使公邸、事務所と2回入り口を間違えて(どれもイタリア大使館って書いてあるもんで)、その都度重々しい鉄扉のインターフォン越しに「もう少し先の入り口」といわれているうち、無駄に緊張が高まる。

警備のイタリア人から「Where are you from?」と聞かれる。
日本で(大使館の中は日本じゃないか)んなこと聞かれると思ってなかったから、一瞬、日本?東京?と迷ってたら「Chinese?」と言われた。

またチャイニーズ。どんだけ中国人なんだ私。

大使館の人は質問しただけだし、中国人に見えるのはいいさ。

でもイタリアで「バカにされてる?」と感じることが多いから中国人と呼ばれることに敏感に反応してしまう。
つか、見ず知らずの人のことを○○人と決めつけて呼ぶのって失礼だと思うんだけど。

フレンツェの空港(小さいです)、荷物検査の人達が(暇なとき)アジア系が通ると賭けというかゲームしてるんだよね〜(多分)。

ガラ空きで誰も並んでない検査ゲートに近づく私。
待ち構える5-6人の男女スタッフが「チネーゼ(中国人)」とか言ってんのが聞こえてくる。
パスポートと旅券チェックの後、X線に荷物を通していると、最初のパスポートチェック係が残りの皆に「ジャポネーゼ」と言って、「ああ日本人か〜」みたいな感じでわいわいやっている。
前に日本人おじ様をお見送りした時もそんなことがあった。
すっげー感じ悪い。

(遊ばれた・・・)とブルーな気分になり、乗り換えのミラノでも軍隊の若人グループにチネーゼといわれて逃げるように日本に到着。

あ〜日本はほっとするねぇ〜。

空港の動く歩道も、エスカレータでも安心して手すりをつかめるし。
(イタリアは手すりと足元の速度が微妙なため、手だけがジョジョに前or後ろへずれていく)

早速モスバーガーで照り焼きチキンバーガーを食べた。
自分の口が無意識に予測するパンの抵抗(固さ)が裏切られる。
ハンバーガーのパンってこんな柔らかかったっけ?モスだけ?
店内はキレイだしさー。

って、なんだか細かい話だけど。

細かい話といえば!
すげー久しぶりにSMAPXSMAPみたら、中居君の髪の毛が・・・全然違う。
あれ増やしたの?ブランクがある分、すっごい違和感だった。


違和感といえば!
成田空港から飛び乗った京成特急。
ふと見ると、同じ車両に、豹柄のロングコートを着た覆面の男性が!!!
超〜どきどきした。
よく見るとスタッフらしき人と一緒だったから、覆面レスラーの人だと思うんだけど、体格は普通だし、乗客は見てみぬフリしてるし、わざわざ電車の中で覆面(レスラー用の派手なやつね)しなくても・・・。
彼はどさくさにまぎれて話ながらつり革で懸垂っぽい動きをしていた。
かなり奇妙だった。

飛行機内でも覆面だったのか、成田空港に到着してから装着したのか、気になるところだ。

−−−

無事VISAが取得できたら次回の帰国はいつになるか分からないので日本を満喫しようと思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
眠れない日本 とんちゃんの日記(イタリア生活とか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる